俺の妹がこんなに可愛いわけがない 12 祝完結!



『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』

私がタイトルを知った時、「…何コレ。。」
私がこの本を完結まで読み終わった時「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」

一言でいうと「妹と兄の物語」

ラノベといわれる中で、私が「高坂桐乃」というキャラにここまで惚れ込んだのは間違いありません。
そう、、、間違いなくNO.1ヒロインです。

エロゲとは話は全く別です。エロゲは嫁が次々と出てきますので、それほど1人に惚れ込むことはめったにありません。。。

それほどまでに、この1~12巻が出てくる最期の最期まで生きてて良かったです。
最高のストーリーでした。。


ここからは内容について述べますが、、、


私の中では「桐乃TRUE"ルート"そして"エンド"」にしっかりとなりました。。
ぶっちゃけると結果論として、エロゲと違い作者が書くものが"TRUE"になるのは避けられません。
だから私もここまでハマりました。
プロ野球と高校野球のようなものです。。

そして、主人公京介はヒロインに桐乃を選択したんです。
これでお話しは終わり、シンプルです。

最期の麻奈実との決着でもあったように、たとえ愛するものが妹でもなんでも、お互いが好きならなんでもいいのです。

作者は「桐乃TRUE"ルート"そして"エンド"にしました。想像は読者にお任せします。」と伝えるかのように私は読んで感じました。。。

仮説ですが、p.246の桐乃のバスローブ描写、お互いの気まずい沈黙描写、おまえらに全部教えなくたって描写。
p.248のエロゲーから徹夜でやってたかもしれないが、聖夜ルートをクリア後、続きをやってた可能性が低い。
p.364の初めてに決まってんでしょ、結婚式のこと!(ならキスのことは…?)より、、、

私は恋人同士で変なことしたと思いますね(オイッ
まあ想像は自由ですから、、、最期の〆も想像で…


「生まれた時から一緒の2人が、おたがいを好きになり、いろいろな事があって期間限定の恋人になりました。
京介はたったひとつのお願いに桐乃とのキスを選択しました。。
"こんなにも好き"な気持ちをこれからずっと我慢できますかな。?。」

桐乃TrueEND

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0


この記事へのトラックバック