『恋×シンアイ彼女』 感想



感想なのでネタバレ全開です。


結果、彼女は戻ってきました。
プレイヤーの妄想力が掻き立てられるところですが、もしその後の結末があるのなら原作通り小説にしても良いし、続編にしても(←これは難しいが)よいので書いてほしいですね。

個人的には大満足でした。

とりあえず1周しかやってないので、ライターの真意は読み取れていませんが、結局3冊目の「お前はアルファコロン」を読んで帰ってきました。その3冊目の中身がどうこうで、それが彼女にどうこう響いたのかは謎ですが…

好きです。

大人の事情(友達も)でムリです。
プロで、音楽のことだけを考えて

好きです。

あなたのことは好きだけど、プロです。
(残りたかったけど、選択肢をとられました)

好きです。

負債があります。あなたには背負わせられません。

それでも好きです、あなたにあいたいです。

Fin.

まあここらへんは吉岡さんが話してくれていますが…
結局主人公を利用していたというのも全部嘘だと思います。
2度目に去った後も結局負債を返すためであって、本業は成功しなかったのですから…

文章や結末を見ていると最悪なヒロインですが、実は心の中ではずっと主人公のことが好きなのです。
でも音楽を選んでしまった。それは彼女のやりたいことでもあったから。
本編でも出てきましたが、それを文章にすることってできないんです。難しいんです。
あの子にとってはプロ活動も恋も究極の選択だったと思います。

結局音楽をとりました、しかしいつも主人公のことは忘れることはありませんでした。
私もうまく書けません、完結にいうなら人生です。

ライターの書きたいことはすごくよくわかります。
結局のところ"恋"なんてものは、人と人がするものであってそれを何らかの形で表現するのってムリなんです、難しいのです。好きか嫌いか。付き合えるかふられるか…
そんな両極端で表現するしかないんですが、この作品のあるルートでは本物の"恋"を表現できています(かぎりなく近いです)。

まあこのルートは変化球として、直球も楽しめます。
彩音ルートだよっ☆

この子は可愛い!すごく可愛い!ツンデレサイコウ!!

近年稀に見ない本物のツンデレストーリーが見られますので、彩音ルートだけでも買う価値はあります。
それにこんな考えさせられるルートがあるんですから、お腹いっぱいです。

人によっては結末をはっきりさせて欲しいのでしょうが…



私はこう思います。
きっとこの後は、彼女は本物の恋を主人公とおくっていくのだと…
もしかしたら、結婚して主婦になるのかもしれませんし、またプロとして活動していくのかもしれません。
しかし、今度は2人一緒です。

そして主人公はもう書かないでしょう、これらはあの子がいなくならないと書けないのですから…



ちなみに最後ハッピーエンドにするためには、あの子から主人公に何もかもをぶちまけるシーンが必要になるのですが、もしそのシーンが出来上がってしまうと、学生時代の2場面でもそうしたよね?とあの子の性格が急変したことになるので、できなかったんだと思いますね。あの子は1人でがんばって突っ走る…ように見えるけど本当はどこかでは助けが欲しい女の子。(←これは社会人編で同棲する前のやりとりでも明らかです)

で、最後の最後に主人公の元へ戻ってくる。(実際は主人公が3冊目で戻した)良い物語だと思いますよ

とりあえず、ライターはしっかりと結末を書くべし。あと最後の記事を書くからって全員総登場(電話だけど)はいらない。あと演出も足りない、立ち絵もCGもHシーンも足りない。True作ったけどあくまでおまけね。と思われても仕方ない。

結論:
・ライターはもう少し配慮が足りない。
・制作陣はTrueに気合い入れなさすぎ。
製作時間とやる気と予算が足りなかったんだと思いました。

この感想は全ルートクリア後に余韻で書き連ねたものです、後日加筆修正する場合があります。
バルドスカイ以来こんなに考えさせられました


もしかするとこれはある種のメッセージかもしれません。
エロゲって悪く言えば使い捨てヒロインなんですよ。
発表→予約→発売→攻略の繰り返しで、よほど気に入ったお気に入りの子がいなければ何周もしないと思います。
今度は私を大事にしてねって

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック