『四月は君の嘘』 BD1&2巻 感想



 それは一人の少女が生きた証


まるでEDがかをちゃんを思い出しているかのような回想。
バイオリンを聴いて欲しいと積極的なかをちゃん。
(すでに?)死を悟って怖くて支えて欲しいと泣きながら懇願するかをちゃん。

TV版のほうは見返しをせずに、このBDで毎月改めて見ようと思います。。
私自身、徐々に惹かれていくのかなぁーなんて予想して見る(TV版)のと、始まりから好きだったと意識して見る(BD版)とでは大きく変わりました。。。

通常のBD購入とくらべて、この作品だけは少し特別仕様です(もちろん作画修正や追加シーンとは別の意味で)
携帯パシャリシーンはBDでパンチラ解禁してくるとか思いきやそれはなかったですな。。。



しかしながら、5月のOADといいエピローグというかその後が描かれることはないかのような…
Codaは5巻中3巻は子供時代のことなので、残り2巻に期待ですな!
もっとかをちゃんと公生との絡みを描いて欲しいな。

いや、真実が明らかになった今、かをちゃん視点が見たい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0


この記事へのトラックバック